留学準備・お買い物編

うたろうほーむぺーじ > 台湾留学完全ガイド > 台湾留学・準備ガイド > 留学準備・お買い物編

■留学のために購入したい商品・購入予定の商品

出発前2週間前(2月9日頃)から本格的に準備をしようと考えていますが、現在の所、次の様な物を購入しようかと考えています。
他に必要な物がある場合、順次このページで紹介していこうと考えております。
また、ここで取り上げる商品については、購入金額についても出来る限り掲載していきたいと思います。

スーツケース(2002.1月2日購入)

地元のホームセンターにて「14日滞在用」と表示のある、高さ74.5cm・横55cm・奥行き28.5cmのスーツケースを、8,970円(税別)で購入。台湾製。

電源トランス(2002.1月30日購入)

台湾の電気はAC110Vなので、日本で使っている電気製品を使う場合、電圧を100Vにする必要があります。そのための「電源トランス」が必要となります。
私の場合、旅行用品を扱ったお店ではなく、総武線カード下の「秋葉原ラジオセンター」にある、電源トランスを扱ったお店の=部品屋さんで、AC110〜120Vを100V/3Aまで対応のトランス(ダウントランス)を、3,500円で購入しました。私の買ったトランスは、3つ口のテーブルタップまで付いている商品です。
ちなみに、同等の製品を旅行用品専門店で買うと1万円位するかもしれません。

充電式電池のセット(2002.1月30日購入)

確かに電池は台湾で買った方が安いと言われているのですが、ICタイプのレコーダやデジタル機器を頻繁に使う可能性が高いので、充電式の電池を買うことにしました。
充電器は富士フィルム製の、海外でも使用可能な(AC100V〜AC240V対応)の急速充電器(2,979円)を購入。電池の方は単3タイプのニッケル水素タイプ(1600mAh)4本・676円、単4タイプ(750mAh)4本・800円を購入しました。

ICタイプのレコーダ(2002.1月31日購入)

授業中の音声を録音して、ヒアリングや発音の練習に役立てようかと思い購入する事に。
新宿のヨドバシカメラで、オリンパスのボイストレック・DM-1を24,800円で購入しました。DM-1は、Windowsパソコンとの接続キットが付属しており、パソコンに録音した音声ファイルを転送、その逆も可能です。ICレコーダだけでなく、MP3プレーヤーとして利用できます。記憶メディアはデジタルカメラで使われている、スマートメディアを使用します。

中国語の辞典・台湾のガイドブック・台湾文化の解説本など(2002.1月31日購入)

「留学先に持っていくと良い物」の中に、日本で作られた中国語の辞書、文法解説書、英語と日本語で書いてある、日本文化を紹介した本があげられます。
私も中国語の辞書は1冊しか持っていなかったので、留学する前にハンディータイプと、繁体字に対応したものを用意しようと考えました。
また、文法解説書も1冊、中国語会話集(私がお世話になった語学スクールが編集にあたった新刊本)1冊、日本文化を紹介した本1冊、台湾の文化を紹介した本は2冊、台湾のガイドブックも以前買った物(1999年版)が古くなったので1冊購入しました(下記参照の事)。

No書籍名内容出版社価格
1デイリーコンサス 中日・日中辞典ポケット辞書三省堂3,200円
2繁体字版 中日・日中辞典辞書三修社6,600円
3Why?にこたえるはじめての中国語の文法書文法書同学社2,500円
4おどろ気 ももの木 台湾日記台湾文化の本毎日新聞社1,500円
5ワールドカルチャーガイド 台湾台湾文化の本トラベルジャーナル1,800円
6ワールドガイド 台湾台湾ガイドブックJTB1,550円
7イラスト日本まるごと辞典日本文化紹介JTB1,300円
8現代中国語会話辞典中国語会話集日東書院1,795円
9中国語辞典辞書白水者8,190円

常備薬類(2002.2月10日購入)

いろいろな文献・資料を見ていると、常備薬は日本で買っていった方が良いという意見が多いので、揃えてみました。
買ったのは、薬局にて胃薬、整調薬、腹痛止め、風邪薬、のど飴、虫さされかゆみ止め、目薬、消毒液。解熱剤、虫除けスプレーなどは以前買った物を持っていく事に。
液体タイプの虫除け剤も、日本から持っていった方がいい話を聞いたので探してみました。時季外れなので、入手できるかどうか?心配していたのですが、ホームセンターにも、薬屋さんにも置いてありました。
また、体温計、歯ブラシ・2本、歯磨き粉、ひげ剃りをホームセンターで購入しました。ある留学経験者の方の話を聞いた所、リンスイン・シャンプーが無かったということで買うことにしました。

持っていく予定の常備薬類
持っていく予定の常備薬類

渡航前日の宿泊先の確保(2002.2月19日手配)

台湾への出発当日の空港集合時間が9時30分。家族が空港まで見送りに来ることになったのですが、地元(埼玉県北部)から新東京国際(成田)空港まで車で約4時間かかるということは、朝5時頃に家を出ないと行けません。出発日の夜ぐらい、ゆっくりしたいものです。
更にこの時期は、雪の心配があるので、余裕を持って空港に到着したいと思いました。そこで、成田空港近くのホテルに家族4人で前泊することにしました。

旅行保険に入る際、何軒かの旅行代理店に行ったときに「空港前泊プラン」のパンフレットも集めてみました。
今回は、JTBが販売している、「成田・羽田・東京 前泊・後泊ホテルプラン」にあった、成田空港近くの「成田ポートホテル」のツイン2名1室利用、朝食付き、1人1泊・6,200円×4人分を申し込みました。


[ 準備編・目次 | 留学・目次 | ホームページに戻る ]

Last Update : 2002.2.21 (Rev.004)