留学するまでのスケジュールと情報収集

うたろうほーむぺーじ > 台湾留学完全ガイド > 台湾留学・準備ガイド > 留学するまでのスケジュールと情報収集

■私の場合・・・

台湾への留学を決意してからの、おおよその流れとスケジュールについて、私の場合を例に取って説明します。

1.留学を決意する(2000年7月〜2001年5月)
2.学校の情報収集を行う(2001年5月〜10月)
3.出願書類を揃える(2001年11月中旬)
4.留学準備をする(2002年1月)
5.留学する(2002年2月下旬)

1.留学を決意する

中華圏のポップスに興味を持ち始めたのが、1999年9月に台湾に行った時の事。
それから毎日のように、中華圏ポップスのCDを聞き、CS放送を利用して現地のミュージックビデオを楽しみ、年に1回は現地で大量のCDを買う生活がすっかり定着していたのです(「チャイニーズポップス ざんまい!」を参照)。

それから月日は流れ、2000年7月。
たまたま本屋さんに立ち寄った際に、「2001年度版 海外留学Q&A」(株式会社アルク/880円)という本を発見したのです。
中国語の勉強を始める前だったのですが、「語学をマスターするなら留学が一番かな」と以前から漠然と思っていたので、迷わず購入しました。

この本には、語学留学だけでなく大学、大学院、ホームステイを含めて、留学前の学校選びから、準備、留学後の生活についてのアドバイス、帰国後の就職などについて、Q&A形式で300の質問が載せられております。
例えば「全くの初心者でもOKの学校ってありますか?」、「フランスに留学したい。最低どの程度の語学力が必要?」などの素朴な疑問から、現地でのトラブル解決方法、カルチャーショックの対処方法まで、あらゆる話題が掲載されております。

本を読み終わってからすぐに留学を決意したわけではなく、とりあえず初歩的な事だけでも勉強しようと、2000年9月にリクルートの「ケイコとマナブ」(月刊/毎月10日発売)を買い、中国語のスクールを物色を始めました。

その後、仕事が忙しくなり一時中断。仕事が落ち着いてきた、2001年5月から本格的に中国語のスクール探しを開始したのであります。 留学を決意したのはその頃で、中国語スクールで勉強する=留学目的のため...となっていたのです。

中国語の勉強を始めたのが2001年6月。
欧米アジア語学センターのプライベートレッスンに決め、自宅(埼玉県北部)から車で30分ぐらいの所にある、中国人の先生の家でレッスンを受ける事になりました。

留学の時期については、2002年3月からを目標に準備を進める事になりました。

2.学校の情報収集を行う

留学先の学校について調べるのを開始したのが、2001年5月頃であります。
どのようにして学校情報を収集したのか?について、順を追って説明致します。

(1)中国・台湾への留学について書かれた本を買う

アルクの本(アルク地球人ムックコーナー常設店)を扱ったお店で、「2001年度版 中国・韓国留学辞典」(株式会社アルク/1,500円)を購入しました。


台湾に関する記載よりも、大陸と韓国への留学の解説がほとんどですが、「中国にするのか?台湾にするのか?」を検討する上では非常に役に立ちました。


また、海外旅行のガイドブック「地球の歩き方」で有名なダイヤモンド・ビック社から出版されている、「成功する留学 中国・韓国・アジア留学(2002〜2003)」も購入しました。


大陸・韓国留学だけでなく、台湾・香港・ベトナム・シンガポール・タイについての記載もあり、各国の学校のデータ(出願日、学校の規模、日本人留学生の数など)も掲載されています。台湾については国立政治大学、国立台湾師範大学、私立の淡水大学、中国文化大学など、合計12校のデータが掲載されておりました。大陸の学校に関しては、かなりのボリュームがあります。

(2)留学手続代行サービス会社からカタログを請求する

購入した本の中で、留学に関する相談や、願書の手続・代行を行ってくれる「留学手続代行サービス」の紹介のページがありました。
そこに書いてあった、いくつかの会社にインターネットを使って資料請求してみることにしました(各留学手続代行サービスのリンクへ飛ぶ)。


資料請求の依頼を出してから1週間でパンフレットが届きました。
このパンフレットもなかなか良い情報源になりました。授業の開始時期や、申込の締め切り日、学校の雰囲気や1クラスあたりの人数についても簡単な説明がありました。


留学手続の代行サービスは、長期留学の場合、大体3万円位のようです。
書類の作成、学校への送付だけでなく、旅行業の資格を持った会社もあり、ビザの申請、航空券の手配や海外旅行傷害保険の手配をお願いする事も出来ます(他の会社を通しても問題もないです)。

留学前の相談や質問に関しては無料で答えてくれる所も多く、中には現地で勉強する学生さんを撮った写真や、学校のパンフレットなども用意してあり、情報収集には非常に役に立ちました。

(3)留学関係機関や大使館から情報を入手する

台湾の実質的な大使館にあたる「台北駐日経済文化代表処」には、国立政治大学と国立台湾師範大学・国語教学中心の学校のパンフレットと、入学申請書を置いてあり、返信用の封筒と切手を送れば送って頂けるとの事です。

(4)インターネットを活用する

インターネットの検索エンジン「Google」を使って、様々なサイトを探してみました。

学校の公式のWebサイト

国立台湾師範大学・国語教学中心

日本語の説明ページも用意されております。

国立政治大学・語視中心

中国語、英語、日本語、韓国語で学校紹介の記載があります。


日本国内のサイト

台北駐日経済文化代表処

日本にある台湾の実質的な大使館。

台湾留学のしかた

師範大学、政治大学、TLI(民間の語学スクール)の学校紹介があります。

台湾・国立政治大学留学記

政治大学の留学経験者である、同志社大学の竹内さんが作ったページです。


[ 準備編・目次 | 留学・目次 | ホームページに戻る ]